いつまでもキレイな歯を維持 ─ 予防治療

あいおい歯科クリニックでは定期的に検診をお勧めし、予防に力を入れています。
医療は全てにおいて「早期発見」「早期治療」です。
特に自覚症状がない歯周病の場合は虫歯と違って、基本的に削ったり、詰めたりできない治療です。
進行具合によっては外科的な治療の必要もでてきます。
また回復するまでに数ヶ月〜数年も通院が必要になるケースもあります。
虫歯の場合でも進行が進めば麻酔も必要になりますし、1本の歯が完治するまで何度も通院を必要とします。
初期の虫歯であれば削ったりしないで薬で予防も可能になります。
そうならない為にも、最低年に2〜3回の定期的な検診(メンテナンス)が大切になってきます。

信頼と実績の歯面掃除 ─ 口内ケア最先端治療機器エアフローマスター導入

エアフローマスターは、歯のメインテナンスを行うための最新機器です。

水と超微細なパウダーをウォータースプレーで吹き付けて、歯面についた着色やバイオフィルム(歯垢)を取り除きます。

パウダーを用いることによって歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間や、歯と歯茎の境目などの細かい所の汚れにもパウダーが行き届き、よりきれいに仕上がります。

歯面へのダメージも少なく、術後は歯面がつるつるになり、着色の再付着を防ぎます。

また、インプラントのケアにも最適で、従来の清掃よりもインプラントを傷つけることなく、素早く行うことができ、精度の高い口腔ケアを提供できます。

歯面研磨剤の特徴 - エアフローパウダー用途別使用例 -
歯肉付近の歯面やインプラント周辺の掃除に
軽度のステイン除去や矯正装置周辺の清掃に
エアフローにこんな方におすすめします。
☑ 歯の着色が気になる方
☑ 歯周病のリスクが高い方
☑ 矯正治療中の方
☑ インプラント治療を受けられた方

MIペースト

子どもから大人まで、甘くておいしい虫歯予防
MIペーストは、豊富なミネラル(カルシウム、リン)や口腔内環境の中和作用と緩衝作用を持つCPP-ACP(リカルデント)を含んだ口腔ケア製品です。
CPP-ACPとは?
CPP-ACPとは、骨粗しょう症の予防や骨折の回復に欠かせないカゼインホスホペプチド(CPP)とアモルファスカルシウムホスフェート(ACP)の複合体のことをいい、リカルデントTMという名称でよく知られています。
ミルクから生まれました。
CPP-ACPを構成するCPPは、牛乳を分解して得られる天然由来成分です。ACPとは、生体が利用できる性状をもったリン酸カルシウムであり、前述の CPPにより豊富なミネラル(カルシウム/リン)が歯に取り込まれやすい状態で保たれます。
カルシウムやリンといったミネラルは、通常唾液内にも存在し、歯が酸によって溶け出してしまうのを抑制したり、溶けかけた歯へミネラルを取り込んだりしています。右は、CPP-ACP配合のMIペーストと唾液に含まれるミネラルの量を比較したものですが、CPP-ACPが唾液に比べてはるかに豊富なミネラルを含んでいることがわかります。
虫歯から歯を守る優れた効果
CPP-ACPのむし歯予防効果は、さまざまな実験によって証明されています。
むし歯の原因菌を感染させたラットの歯にCPP- ACP溶液を1日2回塗布してむし歯になりやすいエサを与えた実験の結果、むし歯予防効果で有名なフッ素と比べても同等以上の効果を発揮しています。

歯科用グッズ

当医院ではハブラシを始め歯科医院でしか取り扱ってない専用グッズ(歯科専売品)を色々とご用意いたしております。
歯ブラシは最大の予防道具です。自分自身にあった歯ブラシを使う事が虫歯や歯グキの病気から守る上で大切なことです。
音波歯ブラシや最新の電動歯間ブラシ等も取扱しております。

colladent - コラデント -

【オススメのサプリメント 「コラデント」】
コラデントというサプリメントを扱っています。
主な成分は、コラーゲントリペプチド(CTP)というものです。
CTPは、最近注目されている成分で、骨粗鬆症、変形性膝関節症、紫外線や放射線でダメージを受けた肌等に対する治療に使われるようになってきています。
歯科では、インプラント後の、骨再生促進を目的に使います。

PAGE TOP