おすすめケアグッズ

コラデント
コラーゲン・トリペプチド(最小単位)と従来のコラーゲンとの違い
コラーゲン・トリペプチドは、通常のコラーゲンとは異なり、体内に速やかに吸収されて、体内でコラーゲンやヒアルロン酸を作る能力や、皮膚、骨、健、軟骨、血管の再生能力を高めることが科学的に確認されている物質です。

コラーゲン・トリペプチドのすばやい吸収性
1.コラーゲン・トリペプチドのすばやい吸収性
フカヒレや鶏軟骨などに含まれる「コラーゲン」は分子量が大きいため、すぐには消化吸収されません。
しかし、コラーゲン・トリペプチドは、ペプチドトランスポーターという吸収器官からすばやく体内に吸収され、飲んで5分後に血液中に行きわたり、120分後でも血中に存在することが確かめられています。
(徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部)

2.マウスの皮膚の光老化予防効果
コラーゲン・トリペプチド経口投与および非投与の(無毛)マウスに紫外線を照射し、皮膚のシワ形成の度合いを観察したところ、コラーゲン・トリペプチドの経口摂取が紫外線によるシワ形成等のダメージを軽減させることが確かめられました。
3.骨折治癒の促進効果
人為的に骨折を施して作成した骨折ラットに対し、種々の量のコラーゲン・トリペプチドを経口投与し、X線写真撮影と骨強度測定で評価したところ、コラーゲン・トリペプチドの経口摂取によって骨折の治癒が促進されることが確かめられました。
4.ひざ関節への効果
膝の半月板を部分切除した、変形性膝関節症モデルウサギにコラーゲン・トリペプチドおよび対照試料を4週間経口投与し、組織学的観察をしました。その結果、コラーゲン・トリペプチドの摂取による、変形性膝関節症の軟骨破壊軽減効果が認められました。
5.低分子ヒアルロン酸(ヒアロナノ®)とは
ヒアロナノ®は、平均分子量約2,000にまで低分子化したヒアルロン酸です。従来のヒアルロン酸と比べ、素早く吸収されることが特徴です。低分子化することにより、肌の炎症軽減といった生理活性も期待できます。
6.ヒアルロン酸の特長・機能
1.ヒアルロン酸は、生体内のあらゆる臓器や結合組織に存在しています。
2.生体内での代謝は非常に速く、組織中の半減期は0.5±1.5日です。
3.細胞間隙での細胞外マトリックスの形成による水分保持機能があります。
4.創傷した組織を修復する際に必要な肉芽組織形成による創傷治癒機能があります。
5.関節液に存在し、関節軟骨同士の摩擦抵抗を少なくする潤滑機能があります。
6.上記以外に細胞増殖、細胞分化、抗炎症、免疫抑制などの機能があります。

信頼と実績の歯面掃除 ─ 口内ケア最先端治療機器エアフローマスター導入

エアフローマスターは、歯のメインテナンスを行うための最新機器です。

水と超微細なパウダーをウォータースプレーで吹き付けて、歯面についた着色やバイオフィルム(歯垢)を取り除きます。

パウダーを用いることによって歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間や、歯と歯茎の境目などの細かい所の汚れにもパウダーが行き届き、よりきれいに仕上がります。

歯面へのダメージも少なく、術後は歯面がつるつるになり、着色の再付着を防ぎます。

また、インプラントのケアにも最適で、従来の清掃よりもインプラントを傷つけることなく、素早く行うことができ、精度の高い口腔ケアを提供できます。

歯面研磨剤の特徴 - エアフローパウダー用途別使用例 -
歯肉付近の歯面やインプラント周辺の掃除に
軽度のステイン除去や矯正装置周辺の清掃に
エアフローはこんな方におすすめします。
☑ 歯の着色が気になる方
☑ 歯周病のリスクが高い方
☑ 矯正治療中の方
☑ インプラント治療を受けられた方

MIペースト

子どもから大人まで、甘くておいしい虫歯予防
MIペーストは、豊富なミネラル(カルシウム、リン)や口腔内環境の中和作用と緩衝作用を持つCPP-ACP(リカルデント)を含んだ口腔ケア製品です。
CPP-ACPとは?
CPP-ACPとは、骨粗しょう症の予防や骨折の回復に欠かせないカゼインホスホペプチド(CPP)とアモルファスカルシウムホスフェート(ACP)の複合体のことをいい、リカルデントTMという名称でよく知られています。
ミルクから生まれました。
CPP-ACPを構成するCPPは、牛乳を分解して得られる天然由来成分です。ACPとは、生体が利用できる性状をもったリン酸カルシウムであり、前述の CPPにより豊富なミネラル(カルシウム/リン)が歯に取り込まれやすい状態で保たれます。
カルシウムやリンといったミネラルは、通常唾液内にも存在し、歯が酸によって溶け出してしまうのを抑制したり、溶けかけた歯へミネラルを取り込んだりしています。右は、CPP-ACP配合のMIペーストと唾液に含まれるミネラルの量を比較したものですが、CPP-ACPが唾液に比べてはるかに豊富なミネラルを含んでいることがわかります。
虫歯から歯を守る優れた効果
CPP-ACPのむし歯予防効果は、さまざまな実験によって証明されています。
むし歯の原因菌を感染させたラットの歯にCPP- ACP溶液を1日2回塗布してむし歯になりやすいエサを与えた実験の結果、むし歯予防効果で有名なフッ素と比べても同等以上の効果を発揮しています。

L.ロイテリ菌がお口からはいると…

口腔では…
歯周病菌や虫歯菌を減らして、予防効果を高めます。口臭や口腔内のベタベタした不快感を軽減します。
胃では…
ピロリ菌の発育を抑制し、症状を抑えます。
小腸では…
免疫細胞を活性化し、病気にかかりにくい体づくり、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーを軽減します。
大腸では…
便秘や下痢の方の便通を整えます。
お口は、消化管の入り口です。
消化管の入り口であるお口の菌のバランスを整えることがとても大切です。

このようなお悩みはないですか

  • お口がベタベタする
  • 歯肉から血がでる
  • 歯肉が腫れやすい
  • 歯が動く
  • 虫歯になりやすい
  • 便秘や下痢が続いている
  • 風邪をひきやすい
  • 口臭が気になる
それは体のなかの菌のバランスがくずれているせいかもしれません。
ヒト母乳由来の善玉菌をとることで、体質の改善をしてみませんか?

PAGE TOP