矯正専門医との矯正の違い

一般的な歯科医院で歯列矯正を受けることのメリットは、矯正前・矯正中・矯正後、いつでも一般診療を受けられること。
矯正中は、長期間にわたって歯に器具を装着するために、虫歯や歯周病などの様々な歯のトラブルが起こる可能性があります。万が一そのようなトラブルが起こった場合でも、総合歯科であれば院内で速やかに対応することが可能となります。また、保険診療をはじめ、インプラント、ホワイトニング、予防歯科、小児歯科など、矯正以外にも歯に関するお悩みも同時に相談できます。
矯正専門歯科は、矯正治療のみを行なっており大学病院で矯正を専門に学んだドクターが開業している例が多く、どの専門歯科であっても一定水準の矯正技術が保証されています。ただ、矯正以外の診療を行なっていないため、矯正前や矯正中、矯正後に、虫歯や歯周病などの何らかのトラブルが生じたときには対応してもらえません。万が一そのようなトラブルが起きた場合には、別の一般歯科にも通院することになります。「確実に歯並びを美しくする」ということだけが目的なら専門歯科でも良いのですが、歯並びを美しくするプロセスには、様々な歯のトラブルが生じる可能性があることも理解しておく必要があります。
矯正治療のリスク
矯正治療は歯並びと噛み合わせを理想的に整える治療ですが、リスクもあります。
装置によりますが口を開けたときに装置が目立って、一時的に口元の美しさが損なわれることがあります。また、お口の中の清掃状態が悪くなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。装置を付けている間は普段にも増して丁寧なブラッシングが必要です。
 矯正装置を取り付けた後や調整後は、痛みや違和感が1週間ぐらい続くことがあります。さらに、もともとの状態によりますが、治療期間はおおよそ2年~3年かかります。その間は定期的に調整のための通院が必要です。治療費も保険が適用されず、全額自己負担となります。こうしたリスクを整理・理解した上で、矯正治療を始めて下さい。

目立たない、取り外しのできる矯正治療 ─ マウスピース矯正治療

マウスピース矯正治療について
目立たず、透明に近いマウスピースを使って歯並びを矯正すれば、治療中も笑顔を見せることができます。相手に伝えない限り、誰も治療を受けていることに気づかないでしょう。
約2週間ごとに次の治療ステージのマウスピースに順次交換しながら装着することで、きれいな歯並びへと変化を遂げていきます。少しずつ歯が移動するにつれて、理想的な笑顔へと近づいていくことでしょう。

マウスピース矯正治療によるメリット

目立たない
マウスピースは透明に近く目立たないため、装着していることがほとんどわからず、見た目によるストレスを感じさせません。

取り外しができて衛生的
いつでも取り外しが可能なので、歯磨きやフロスなど普段どおりに歯のお手入れができ、口腔内を健康的な状態に保つことができます。

金属による悩みも解消
金属製のワイヤーやブラケットを使用しないため、金属アレルギーの心配がありません。

ワイヤー矯正とマウスピース矯正の違い

  見た目 痛み 歯磨き 抜歯 治療周期 食事制限
ワイヤー 目立つ 痛い 磨きにくい 多い 月1回 あり
マウスピース 目立たない 痛みは少ない 磨きやすい ほとんどしない 2~4週間隔 なし

治療例

マウスピース矯正治療は、患者様一人ひとりの歯に合わせて作製される、マウスピースを装着することで段階的に歯を動かし矯正を行います。患者様には、通常4週間~6週間に一度、または判断に応じて通院していただき、歯牙の動きを確認します。

治療例1
治療例2
治療例3

噛み合せは全身の影響に大きく関係するものであり、例えば一流のスポーツ選手はしっかり噛む事ができないと全身に力が入らなくなり体のバランスも崩れ、現状を維持できない他、良い成果も上げられないと思う選手も多いようです。それだけ歯(かみ合わせのバランス)は全身に影響与える重要なものです(健康に多大なる関与)

抜歯治療例1
抜歯治療例2
非抜歯治療例

成人矯正治療例

ワイヤー矯正治療例 年齢33歳
マウスピース矯正 年齢18歳

PAGE TOP